ご準備はお済みですか? 4月1日より「総額表示」が義務付けられます。

ご準備はお済みですか? 4月1日より「総額表示」が義務付けられます。

ご準備はお済みですか? 4月1日より「総額表示」が義務付けられます。

現在お使いのメニュー表は「税抜価格」のままになっていませんか?

価格の表示方法は現状、実に様々な形態が混在しています。
「980円+税」「980円(税抜き)」「980円(本体価格)」
その他にも「※表示価格は税抜き価格です」という一文を
メニュー表の下の方に入れている場合もあります。
このような表示方法は「2021年4月1日より総額表示への変更が必要」となります。

「総額表示」とは
消費者に商品の販売やサービスの提供を行う課税事業者が、
値札やチラシなどにおいて、あらかじめその取引価格を表示する際に、
消費税額(地方消費税額を含みます。)を含めた価格を表示することをいいます。

<具体的な表示例>
例えば、次に掲げるような表示が「総額表示」に該当します
(例示の取引は標準税率10%が適用されるものとして記載しています。)

11,000円 11,000円(税込) 11,000円(税抜価格10,000円) 11,000円(うち消費税額等1,000円) 11,000円(税抜価格10,000円、消費税額等1,000円)

支払総額である「11,000円」さえ表示されていればよく、
「消費税額等」や「税抜価格」が表示されていても構いません。

例えば、「10,000円(税込11,000円)」とされた表示も、
消費税額を含んだ価格が明瞭に表示されていれば、「総額表示」に該当します。

なお、総額表示に伴い税込価格の設定を行う場合において、
1円未満の端数が生じるときには、その端数を四捨五入、
切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えありません。
※出展:国税庁ホームページより抜粋

「実際の価格を消費者に分かりやすく表示する」という目的の総額表示の義務化となりますが、
税抜での表記をされている場合はメニュー変更作業や新たに購入するべき物も発生し、
費用面でも大きなご負担になられることと思われます。

そこで粋々では、総額表示のご準備としてメニュー用紙を必要とされるお客様へ向けて
「用紙1.5倍キャンペーン」を3月1日よりスタートさせていただきます。

期間内に粋々のウェブサイトにて対象商品をご購入頂いたお客様全員に、
専用出力用紙を数量1.5倍にして発送いたします。
———————————————————————————-
対象期間:2021年3月1日~3月末日ご注文分まで
対象商品:メニューブック各種*、専用出力用紙(100枚/包)各種
———————————————————————————-

ページ数が多くて付属の枚数だと足りない、
定期的にメニューを印刷しているので、
用紙をストックしておきたい。など
用紙だけのご購入も今なら大変お得です。

<ご購入例>
メニューブック 1冊ご購入 通常 20枚 →  30枚
メニューブック 10冊ご購入 通常200枚 → 300枚
—————————————————————-
専用出力用紙  1包ご購入 通常100枚 → 150枚

表示価格の変更だけではなくメニューのデザインや、
ページ数を増やしたいという場合でも余裕のある枚数でご対応いただけるよう、
価格は据え置きのまま、1.5倍に増量させていただきました。

3月7日には緊急事態宣言解除を控えており、
飲食業界全体に再び活気が戻ることも充分に予想されます。
是非この機会に真新しいメニュー表へのリフレッシュも兼ね、お客様をお迎えください。

飲食店専門メニューブックの粋々のTOPへ

ikiiki-staff

コメントは受け付けていません。